2011年08月04日

来週(8/10)のチャージマン研!

いや〜、今週もツッコミどころ満載でしたね〜。
さて、来週の8/10 24:30〜と28:30〜から放送分のチャージマン研!は…
(キッズステーションのオフィシャルサイトはこちらから)


・第7話 西部の男・研!
 なぜか西部劇の格好している研、キャロン、バリカン。あれれ?いつもと違うぞ?というわけで研たちが繰り広げる西部劇、お楽しみに!
 この説明文で書いていることはツッコミではないです。最初に「あれ?」と思わせておいて終盤にタネを明かす構成はチャー研にしてはなかなか凝っていて、結構面白い回です。まぁ、「SAIBU」なんて看板のせいで台無しなんですが…(西部をローマ字にしたら「SEIBU」になるはず。もっと言えば、本来は英語で「Western」と書くべき…これについては、日本語をローマ字で表現するというちょっとしたシャレなのかもしれませんが、やっぱり「SAIBU」はいくらなんでも…ちなみに、絵コンテでのこの看板は「ロボット西部の世界」と書いてあります。)

・第8話 ジュラル星人 X-6号
 研を狙うジュラル星人X-6号。だが作戦は失敗し、さらに研に助けられてしまう。そのとき、X-6号の中で何かが芽生え…。
 チャー研エピソードの中でも数少ない感動回。まぁそれも細部のミスでぶち壊しなんですが…。濃いチャーケニストなりの見所としては、病院で襲われそうなときに目を覚ました研の顔アップがすごいヘンなので要チェックです。

・第9話 ジュラルモンス登場
 海上に突如現れたドラゴン。地球よりずっと優れた科学力を持つジュラル星人が作り上げたロボットだ。強敵にチャージマン研はどう立ち向かうのか!?
 こう書くとなんとなくバトル物としてすごい見ごたえがありそうな気がしますが、中盤に差し込まれた、本編とあんまり関係ない研とバリカンのプロレスゴッコのシーンがやたら長い。みなさんどうぞ、飽きずに最後までご覧ください…。
 ちなみに、冒頭で沈没させられる貨物船は原子力で動いているそうです。当時は原子力が最先端で最ももてはやされていたわけで、他の作品でも(例えば特撮人形劇「サンダーバード」なんかも)意味無く原子力で動いている設定が沢山見られました。今こんなストーリーにしたら大変なことになるなぁ…(「西部の男・研!」の回もインディアンを一方的に悪者扱いして銃殺するシーンがあるため、同じくかなり大問題だったりします)。
posted by SatoshiMcCloud at 13:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 次回予告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/218289591

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。