2012年12月29日

先日の近代座資料(と年末)のまとめ

みなさん、こんばんは。
先日、当ブログにて劇団近代座の資料を公開しましたが、もう2012年も終わりですし、とりあえずの一区切りってことでマトメに入ろうと思います。
実のところ、この資料だけではわからないことがあったり、あるいはさらに追求すべき謎が出てきたりしてもっと資料を集めたい…と思ってたりしたわけですが、そうこうしているうちにドゥンドゥン時間も経ってしまうので、ひとまずここまでで分かっていることをざっと書き出してみます。

 アニメ「チャージマン研!」は40年近く前にテレビで放映された作品ですが、声の出演に関しては「劇団近代座」で一まとめにクレジットされており個々の役者の名前が不明でした。さらには、ネット上で劇団近代座で検索しても詳細が判明せず、チャー研界隈では「声の出演=時間に埋もれた無名の人々」という認識で定着してしまってました。
 で、今年になって声質が似ているとかの手がかりを元に、ついにジュラルの魔王役である佐藤昇さんとコンタクトを取ることに成功しました。さらにそこから劇団近代座の資料が早稲田大学演劇博物館に存在すると聞き、実際にいってパンフレットのコピーを数点入手してきました。

 演劇博物館はウェブ上にてデータベースを一部公開してます。
劇団近代座で検索すると何件かヒットします。…が、検索では1966年から1972年、2000年から2003年のデータしか見つかりません。
(後述する、近代座の設立時の名称「近代劇場」で検索すると1950〜1965年の資料もヒットしますが)。
チャージマン研!は74年の作品であり、少なくともその年までは実在している…はず。
演劇博物館に資料がないだけ…のことだとは思いますが、これにより博物館の資料からは
劇団近代座の50年から72年の活動までしか判明しない、ということはハッキリさせておきたいと思います。

 劇団近代座とは、シェークスピアを専門に上演するために根本嘉也ほか数名によって立ち上げられた劇団である。1950年(昭和25年)に「近代劇場」という名前で作られ、後の1966年(昭和41年)に劇団近代座へ改名。
 設立以来、(資料が見つかっている)20年間にわたってシェークスピアの劇を演じ続けてきた。なかにはテレビ中継された上演もあったそうです。

 資料の中には、曽我町子、納谷六郎、野村道子、飯塚昭三が上演に参加した回もありました。また、奥村公延という俳優の名前が劇団連名に掲載されたものもあります。
 (曽我町子といえば、「オバケのQ太郎」の声や特撮ヒーロー番組の女王役などでお馴染みの方。納谷六郎は声優で、代表作は「クレヨンしんちゃん」の組長園長先生など。野村道子といえば「ドラえもん」のいわゆる大山のぶ代がやってたころのしずかちゃん役の人。飯塚昭三はいろんな悪役の声の人で、パッと今思いついたのは「忍たま乱太郎」のドクタケ忍者隊首領・稗田八方斉(笑いすぎて頭を後ろに打ち付ける人)の声とか。奥村公延はテレビ俳優で、最近だと「爆竜戦隊アバレンジャー」の杉下竜之介の役をやった人。)
 連名リストに野村道子の名前がないのが気になりますが、こちらのサイトのインタビューにて根本嘉也から指導を受けていたことが明言されていたり、プロフィール等でも近代劇場の出身であることが書かれていたりすることから、野村道子が劇団近代座の人であったことは断言してもいいでしょう。他の人についてはもうちょっと資料が必要かな?
 Wikipediaの奥村公延の記事を見てみると、近代劇場のプロデューサー(誰だろう?)がテレビ局と関わりがあったこと、近代座(に限らず演劇会全般)が食っていくのも大変であったことが書かれています。(もっとも、入手した資料では劇団近代座と名前を変えるころまで在籍したと記録されているのに対しWikipediaでは2〜3ヶ月でやめたと書かれていたり、Wikipediaでは「入ってみるとこの劇団は難しい芝居ばかりで、もっと大衆的なものを演りたかった」と書かれているものの入手した資料にはシェイクスピア劇は大衆向けと解釈して演じていた旨が記述してあったりで、そこらへんの整合性についてももうちょっと疑ってかかったほうがいいかもしれません)。
 ここから先は推測ですが―――劇団近代座はシェイクスピア劇もやりつつ、生活費を稼ぐためにテレビの仕事を掛け持ちしていたわけで、チャー研の声を担当したのもその一環ではなかろうか―――というような仮説が立てられるわけです。
 ちなみに、この近代座を立ち上げ、初代の代表を務めた根本嘉也についても面白いことがあって…調べてみると、声優として紹介されたりシェイクスピア劇の人と紹介されていたり。ここらへんもまたもっと調べてみたいですが、今日は眠いのでここまで。
posted by SatoshiMcCloud at 02:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月30日

劇団近代座の資料を入手してきました。

 アニメ「チャージマン研!」の声優は、クレジットで「劇団近代座」として一まとめにされています。しかしながら、ネット上ではこの劇団近代座の情報がほとんど出回っていません。クレジットでまとめられてしまっている件も含めて、これがチャー研声優を謎にしてしまっている要因となっています。
 さてさて、その近代座の一人である佐藤昇さんに私が接触できたことは先日よりお伝えしたとおりですが、この近代座の資料が早稲田大学の演劇博物館にあることを佐藤さんから教えていただきました。そこで、先日その演劇博物館に行ってきて、何枚か資料を入手してきました。
 そこで、まずはこの入手した資料について公開したいと思います。これら資料を基にした考察などはまた次回書きたいと思います。
2012/11/04 資料を2点追加しました。-----------------------------------------------------------------------
1968年公演 劇団近代座 真夏の夜の夢
00.jpg
劇団<近代座>公演 NO.22

真夏の夜の夢

作 シェイクスピヤ
訳 坪内逍遥

シェイクスピヤ劇への招待・その2
01.jpg
沙翁・逍遥・近代座   河竹登志夫

 近代座が「真夏の夜の夢」を上演するという。うれしい話だ。主催者根本
嘉也氏が同窓の先輩であるばかりでなく、近代座がそもそもシェークスピア
の草分けというべき坪内逍遥のながれをくむ劇団だからである。
 逍遥が、明治17年「ジュリアス・シーザー」を「自由太刀余波鋭峰(ナゴリノキレアジ)」と題
して浄瑠璃ふうに訳して以来、訳、研究、演出などあらゆる面で先駆的役割
をはたしたことは、いまさらいうまでもない。昭和10年に77才で没したが、
その全作品完訳は空前絶後の偉業だし、いまでもこの古典的名訳を参考にし
ないで新しい訳をものすことは、不可能だといえるだろう。
 私は逍遥には、その没年のすこし前、渋谷の自宅に父をたずねられたとき、
一度尊顔を拝しただけだった。が、たぶん私が幼少だったそのころ、地球座
という劇団がシェークスピアを専門にやっていた、逍遥が顧問格で時折指導
していたはずである。その地球座を主宰していたのが、早大英文出身で逍遥
に傾倒し、その教えを受けた加藤長治氏であった。
 地球座は、新劇団のほとんどがシェークスピアをかえりみず、西洋近代劇、
というより政治偏向的な当時の風潮の中で傾向劇にはしるのにもかかわらず、
超然とシェークスピアの研究上演をつづけた。やがて戦争などのために中絶
はしたものの、特異な劇団として、日本のシェークスピア上演史のうえには
っきり位置づけられるべき功績をのこしたのである。
 第2次大戦後――早大文学部に演劇科(当初は芸術科演劇専攻といった)
ができたころ、上野原だかに疎開していた加藤氏が、演劇博物館の主催とし
て招かれた。招いたのは当時の館長(筆者の父・繁俊)だった。
 さてこの演劇科の第一期生の中に、根本氏がいたのである。同級の菊池明、
一年後輩の林京平、国文出の原孝之の諸氏らとともに、彼は劇団をつくった。
シェークスピアを専門にやろうという、いわば地球座の軽傷ともいえるもの
だった。で、経験豊富な加藤氏が彼らの熱意に動かされて指導をひきうけ、
発足をみたのである。逍遥の偉業をしのびそれをつぎたいというので、小羊
座といったこともあったと思う。が、まもなく近代劇場となった。私の父が、
その名づけ親だったということを、私はだいぶあとになって知った。
 以来、必ずしも平坦な道ではなかったが、20年ちかくシェークスピア一筋
に、この劇団はつづいてきた。いまは近代座と改称はしているが、主催者根本
氏の方針は一貫して変っていない。そしてこの「真夏」である。根本氏のボ
トムはよく印象にのこっているほどで、何度か手がけた主要レパートリーの
ひとつだけに、期待される。加藤氏は近年健康すぐれぬ様でお気の毒だが、
きっと無理をしてでもこの稽古には立会われたにちがいない。また名づけ親
をつとめた私の父は、昨年11月、師の逍遥より2年多い79才の高令で他界し
たが、地下で「相変らずやってるね」と眼をほそくして喜んでいることだろ
うと思う。                   早稲田大学文学部教授


写真、左から
 ヘレナ・会田有希
 ディミトリヤス・山波宏
 ハーミヤ・福住理恵
 ライサンダー・辻しげる
02.jpg
シェイクスピアと近代座   荒井良雄

            シェイクスピア劇は、上演台本としても文学作品
           としても、世界だ一休の文化遺産で、演劇人はもと
           より文学愛好者の前に、常に新しく無限の魅力をた
           たえてそびえる古典の最高峰である。これほど国境と
           時代を超越して読まれ演じられてきた作家はたぐい
           まれであり、これからも永遠に変らぬ高い評価を受
           けて、読まれ演じられていくであろう。
            近代座は、このシェイクスピア劇を、日本で最初
           に全訳した坪内逍遥の、文学性と演劇性を兼備した
           古典的名訳によって日本の部隊にかける仕事を通し
           てシェイクスピア劇の魅力をさぐり、この上演活動
を土台にして、さらに内外の戯曲にも意欲的に取り組んでいこうという方向
から、日本の演劇活動に参加しているユニークな劇団である。こう書いても、
「近代座」の名前を知る人はそう多くないかも知れない。しかし「近代劇場」
といえば、日本におけるシェイクスピア上演に関心のある人なら、だれでも
知っているはずである。昭和25年に発足以来、坪内逍遥訳・加藤長治演出の
シェイクスピア劇を、舞台はもとよりテレビ・ラジオを通じて15年間も上演
し続け、日本のシェイクスピア上演史に大きな業績を残した劇団であった。
これが昭和41年秋に「近代座」と改称され、近代劇場創立以来劇団の中心と
なって、トービー、ベトルーチオ、ボトム、キャリバン、ブルータス、リオ
ンティーズ、リヤ王、マクベスなどシェイクスピア劇の主要人物を演じてき
た根本嘉也を指導者として「十二夜」の公演で再出発したのであった。その
後「ベニスの商人」と「真夏の夜の夢」の地方巡演を続け、今回の「真夏の
夜の夢」の東京公演を迎えたわけである。したがって近代座のシェイクスピ
ア劇を語ろうとすれば、その前身である近代劇場のシェイクスピア劇を語る
ことになり、そして近代劇場のシェイクスピア劇を語るとなると、これは加
藤長治先生演出のシェイクスピア劇を語ることになってしまう。
 御存知のように、加藤長春先生は日本でシェイクスピア劇を一番多く演出
した人である。いや世界広しといえども、これほどシェイクスピア演出にう
ちこんだ人はそう多くない。昭和2年に地球座を主宰して「シェイクスピア
劇のトラディションをむきになって研究し出し」、以来俳優学校のシェイクス
ピア上演、水谷八重子のハムレット。近代劇場のシェイクスピア劇をすべて
演出されたほか、昭和10年以来現在まで、日本女子大英文科の原語によるシ
ェイクスピア劇上演の演出も担当してこられた。その半生を「舞台のシェイ
クスピアと共に暮らしてきた」と自他ともに認めるこの道の大先輩なのであ
る。加藤演出の特色は、英米の上演トラディションをふまえながら、それを
模倣するのでなく、日本人の演出家として一度受けとめた上で、実にゆきと
どいた演技指導によって、日本人の芝居として不自然さのない独自の演出ス
タイルを確立された点にあると思う。先生に直接指導を受けた経験のある人
は、その台本の読みの深さ、セリフの奥にひそむ感情や動作をひきだす鋭い
感覚に、教えられる面が多かったことと思う。
 近代座をひきいる根本氏は、この加藤先生の演出をひきつぎながらも、過
去約20年間俳優としてシェイクスピア劇を演じてきた体験を生かし、「シェイ
クスピアと心中するであろう」とまでいわれる位の情熱を傾けて、新井秀忠、
奥村公延、五十田安希をはじめとする近代座の若い人たちと共に、この劇団
を名実ともに日本のシェイクスピア専門劇団に育て上げる仕事にうちこんで
いる。さいわい、この方向に同調する劇団員もふえ、また加藤先生をはじめ
竹内登志夫教授、演劇博物館の菊池明氏や林京平氏など、シェイクスピア劇
に理解の深い人たちを顧問に迎えているので、これからは特色ある劇団とし
て次第に世に知られていくであろう。
 近代座の人たちには、単なるタレントではなく、各人が個性を生かした魅
力ある俳優になっていただくことが、私の最大の希望である。シェイクスピ
ア劇の生命は言葉にあり、その言葉に生命を与えるのが俳優だからであり、
またシェイクスピアの創造した変化に富んだ登場人物が、魅力ある俳優によ
て演じられたとき、最高の舞台成果があがるというのが、私のシェイクス
ピア観だからである。シェイクスピア劇は俳優術の基礎であるとともに、そ
の最終目標になるべきだと思う。日本におけるシェイクスピア劇の理想的上
演と、観客に楽しんでいただくシェイクスピア劇上演を目指して、努力を重
ねていきたいものである。

写真、左から
 クインス・八尾孝司
 ボトム・奥村公延
 チテーニヤ・五十田安希
 オービロン・新井秀忠
03.jpg
     劇団連名
新井 秀忠     五十田 安希
奥村 公延     会田 有希
八尾 孝司     福住 理恵
辻 しげる     加藤 久枝
山波 宏      深沢 裕子
大下 修      最首 ヨシエ
入江 正夫     藤橋 敏子
山内 巌      勝丸 啓子
小谷 清      南部 千鶴子

高山 強      立川 やよい
古賀 新生     名島 久美子
泉 新二      平井 佳代子
野川 博
奥山 正勝     荒井 良雄
縄田 忠徳
新井 一夫
千種 恒之    三枝木道雄   伊藤昇
         諸田勝平    山中誠一
         秋元 孝    佐川敏雄
         帆足秀彦    山本一秀
         原広紀     桑野一洋
         河西善義    外村正美
         宮本ひさの   福岡伸治
         荻野孝子    石橋敏
         金子美津枝   宮川勅良
         岸川久美子   新原百合子
根本嘉也     梨本秀明    芳賀みどり
-----------------------------------------------------------------------
1972年公演 劇団近代座 信虎
01.jpg
劇団 近代座 二八回公演

信虎(のぶとら)

「リア王」より
02.jpg
スタッフ
作          加藤恭平
演出         加藤恭平
           小松 弘
装置        柳沢まち夫
照明         滝前正夫
音効         鈴木康之
           七原秀夫
殺陣         金井新二
舞監         小松 弘


キャスト
布施 満秋      千種崇之
下条 元長      佐藤 昇
駒井 政義      青沼三郎
多田 信虎      根本嘉也
           河西喜義
油川 道忠    (22日昼のみ)
           納谷六朗
仁科十佐衛門     加藤新二
利 兵 衛      坂本由英
今津 義忠      早川英二
角屋 恭蔵      飯塚昭三
重臣        斉藤泰三郎
若侍         高橋冬樹
手勢         久野 一
            (他)

冬姫         曽我町子
鶴姫         会田由来
春姫         野村道子
侍女        荒川多加子
百姓女        石居麻美
小姓         青山佳代
子供         小松欣之
          田中寿美江


写真、上段から
小松 弘/千種 崇之/加藤 新二/河西 喜義
                 佐藤 昇
                 高橋 冬樹
                 早川 暎二
                 久野 一
会田 由来/坂本 由英/斉藤 泰三郎
03.jpg
「信虎の時代背景

「信虎」は「リア王」の悲劇に、戦国大名の
一人武田信虎の半生を題材に求めた作品であ
る。歴史上の信虎は甲斐国の国府に近い石和
館に信縄の子として生まれ、永正四年(一五
〇七)父の死にあたり、十四才で武田の家督
をついだ。武田家一族は代々、室町幕府が地
方官として国ごとに置いた守護職を伝え、国
府を中心に現在の甲府盆地一帯に一族を分散
し、甲斐の国を統治してきた守護大名家であ
る。作中にもみられる下条・布施・細川氏は
武田とは名乗らず、宗家から分かれるとその
在所名を姓とした――領主であり、信虎が家
督をついだころは、同族内での物領職をめぐ
る争いが展開されており、古い一族が連合し
て信虎に敵対していたが、信虎の優位な戦局
のうちに国内統一を完成し、戦国大名として
の権威を獲得していった。信濃攻略外征後、
信玄による信虎追放の話は有名であるが、こ
の理由についての説には二・三あり、父と子
の単なる対立ではないかと見るむきもある。


写真、上段から
荒川多加子/曽我 町子/根本 嘉也
石居 麻美/納谷 六郎/青沼 三郎
青山 佳代
野尻 恵子
小松 欣之
田中寿美江/野村 道子/飯塚 昭三
04.jpg
 ●劇団近代座シェイクスピア劇上演記録
間違いつづき/第3・12回公演(NTV中継放送)
じゃじゃ馬馴らし/第4・8・17・20回公演(NTV中継放送)
テンペスト/第2・13回公演(中継放送)
ヴエニスの商人/第6・14回公演(中継放送)
真夏の夜の夢/第5・11・19回公演(TBS中継放送)
冬の夜ばなし/第15回公演(TBS中継放送)
マクベス/第8回公演(TBS中継放送)
むだ騒ぎ/第7回公演(TBS中継放送)
オセロー/(TBS中継放送)
ジュリアス・シーザー/逍遥百年祭記念公演
リヤ王/第18回公演(芸術祭参加)
十二夜/第1・10公演(文化放送・ラジオ九州)
じゃじゃ馬馴らし/45年度地方公演
ヴエニスの商人/45年度地方公演
マクベス/第25回(20周年記念)公演
            (砂防会館ホール)
     埼玉会館ホール
ベローナの二紳士/第26回公演
            (砂防会館ホール)
じゃじゃ馬馴らし/第27回公演(農協ホール)
05.jpg
   連名
代表
 根本 嘉也
文芸演出部
 加藤 恭平
 小松  弘


演技部
 入江 正夫
 千種 崇之
 加藤 新二
 河西 喜義
 佐藤  昇
 高橋 冬樹
 久野  一
 斉藤泰三郎

 坂本 由英
 山波  宏
 早川 英二
 八代 青樹
 小谷  清

 会田 由来
 深沢 裕子

 石田 裕子
 荒川多加子
 石居 麻美
 芳賀みどり
 宮田 弘子

 青山 佳代
 佐藤実喜子

 田中寿美江
 野尻 恵子


顧問
 加藤 長治
 河竹登志夫
 印南  喬
 菊地  明
 林  京平
 児玉 久雄
 大木  豊

 荒井 良雄

事務所
 新宿区四谷
 二−一斉藤
 ビル三階

TEL
(三九五)
六六一〇
posted by SatoshiMcCloud at 00:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月28日

スーパータロムのコミカライズ版を見てきました

お久しぶりです、SatoshiMcCloudです。
今日は、スーパータロムのコミカライズ版についてお話しましょう。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

〜おさらい スーパータロムって何?〜
「スーパータロム」とは、アニメ制作会社ナックが作ったオリジナルアニメ作品です。
以上。


いや、整理してみたらマジでコレしか分かってないんです。
そもそもは、「アニメの王国」というコンピレーション的アニメDVDシリーズが初めて世に出たといわれてまして、その時に「チャージマン研!」と一緒に収録されていたそうです。
その絵柄やストーリー展開がチャー研に通じるものがあることから、チャー研と同時期に制作されたパイロットフィルム(アニメ企画を出資者にプレゼンするときに作る、基本的に内部向け作品)と言われていました。
真佐美ジュンさんという方がその時に立ち会ったという話を公開されています。

さて、この「スーパータロム」はテレビで放映された記録が存在せず、パイロットフィルムが存在するだけと思われてきました。
ところが、最近になって、スーパータロムにはコミカライズ版が存在するという噂が流れてきました。色々調べてみたところ、「テレビマガジン」という雑誌の73年1月〜3月号に掲載されたところまでネットで分かりました。
(掲載雑誌の情報については、2chのチャー研スレのどなたか、コミカライズ版を執筆したらしい方の情報などを参考にしました。)



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
そこで、国立国会図書館の分館である国際こども図書館に行き、実際に見てみました。
実は行ってきたのが7月20日で、執筆している今日が8月28日。本当はこの手のレポートは実験のすぐその日のうちに書かなきゃいけないんですが、ちょっとサボってましたorz
以下、分かったことを箇条書きにしてみます。

 ・テレビマガジン73年1月・2月・3月号には本当に「スーパータロム」が掲載されていた。
 ・全3回の連載で、1話8ページ。作者は新宅よしみつ。
 ・連載初回の1月号には「あたらしくはじまったテレビまんが」の文字が。
 ・1月号には著作権表示で「ナック・萬年社」とあったのが、2月号からは「ナック」のみに。
 ・1月号ではわりと中ごろに掲載されていたのが、2月号以降はほとんど巻末に。

 萬年社とはかつて存在していたらしい広告代理店(とWikipediaに書いてあった)のようです。1月号でテレビ放映を示唆しておきながら、実際にはテレビ放映されなかった。で、2月号から著作権表示が変更になった…なんだか裏がありそうです。

 ちなみに、同じく73年の1〜3月号に連載された「チャキチャキベイビー」(作・吾妻ひでお)という作品があり、こちらの著作権表示には「日本グッドウィル」の文字が。調べてみたらこの会社、チャー研以上の怪作として名高い「星の子ポロン」を作った会社でした。いままでネタアニメとしかつながりがなかったチャー研とポロンが、ここでニアミスしていた…という余談でした。


 ・アニメ版で悪党のボスとして登場したカイザー様は、コミカライズ版では未登場。全3話を通じて毎回新たな敵がゲスト的に登場し、タロムたちと戦いました。
 ・アニメ版ではほとんど空気と化していたルビーには「アルファー タイム・ストップ」という技が。
 ・アニメ版では、一人だけ人型から遠く離れたフォルムにより視聴者から予算不足だの散々言われたファイターには、戦闘に特化した能力が付与されており、立派に活躍してました。具体的には、タロムのブルー光線を浴びて火のたまに変身したり、タロムとルビーのアルファービッグという光線を受けて巨大化したり…。
 ・肝心のタロムには特に真新しい技はなかったような。うーん記憶が…あ、3話で円盤を投げつける技が出てきて「アルファースルー」という名前でした。
 ・アニメ版ではパパの名前は明かされていませんでしが、コミカライズ版では日暮里博士という名前で登場。1話目冒頭でパパが電話を受け取るシーンで「はい日暮里です」(※セリフが正確にこれであってるか自信ないです)というセリフがあります。
 ・1話目では、最初の3ページを使って、アニメ版における「地球の危機に際し、パパがタロムの本当の出生を伝えるシーン」が大まかに再現されてました。
 ・1話目の後半は、大量発生したクラゲが旅客船を襲っていたので助ける話。船まではアニメ版と一緒ですが、先に描いたとおりカイザー様は登場せず、オリジナル展開となりました。
 ・2話目に登場する悪党は日暮里博士の古い友人・秋葉原博士(ひょっとして日暮里博士の名前はオリジナルで、マンガの作者が駅名シリーズにしようとした?)は精神病院に収監されており、日暮里博士曰く「キチ○イ」だそうです。ほんとにナックはキチ○イ好きだな。
 ・3話目は、街中で巨大ロボットが暴れるお話。しかもこのロボット、透明。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

というわけで、メモを元にざっと箇条書きしてみました。
書きながら、チャー研とのある重大事項が判明しそうな気がしましたが、そうでもなかったぜ。
…なにか気がついたらまた書きます。
posted by SatoshiMcCloud at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。